Category Archives: 2018TeamJapan

2018_鷲津敬之

鷲津 敬之 (わしづ のりゆき) 居住地 岐阜県岐阜市 略歴 1968年生まれ。 1988年 株式会社瀬古写真館入社、勤務。 1994年 独立後「鷲津写真館」創業。 2005年 「鷲津写真館」を「有限会社ダブル・エディション」に改組。 2011年 「有限会社ダブル・エディション」を「株式会社ダブル・エディション」に改組。 2011年 ファミリースタジオ「フォトスタジオチェルシー」オープン。 2014年 写真家 テラウチマサトを師事。 2016年 海外事業(ミャンマー)開始。 2017年 個展「NORIYUKI WASHIZU MYANMAR 黄/緑/赤」72ギャラリー、東京。 選出の感想 この度は、WORLD PHOTOGRAPHIC CUP「2018TEAM JAPAN」に選出していただき、誠にありがとうございます。 大変光栄に思っております。 それと同時に、今後の作品撮影への意欲を燃やしております。 日本代表12名の名に恥じぬよう、これからも精進して参ります。 WEBサイト http://w-edition.jp

2018_松岡潤

松岡 潤 (まつおか じゅん) 居住地 神奈川県川崎市 略歴 1974年生まれ。 ベンチャー企業で10年勤務後、2007年フォトフォリーを設立。 独学でウェディングフォトを習得。 鎌倉風景写真家の巨匠原田寛氏の元で培った場を活かした表現力をもとに、結婚式当日において非現実的なアートフォトと、ライブ感溢れるドキュメンタリーフォトを得意とし、新しいウェディングフォトの世界を展開中。 2010年 BIWAKOビエンナーレへ出展。 2011年 ゼクシィフォトコンテスト審査員特別賞受賞。 2013年 ウェディングフォトアワード2013金賞受賞。 2014年 ウェディングフォトアワード ふるさとウェディング特別賞受賞。 選出の感想 この度ウエディング部門で日本代表に選出されたことは誠に光栄なことだと思います。 今まで撮影してきたお客様を一件一件一生懸命撮影し挑戦し続けたことが今回の代表選出につながったと感じております。 また撮影をいつもサポートして頂いている皆さんの協力があってのことだと思います。 本当にありがとうございました。 感謝の気持ちでいっぱいです。 今回選出された写真は桜を大胆にいれたカットになります。 日本のウエディングフォトの美しさを世界各国の皆さんにお伝えすることが出来れば幸いです。   WEBサイト https://fotofolly.com/bridal/

2018_長谷川正之

長谷川 正之 (はせがわ まさゆき) 居住地 青森県弘前市 略歴 1964年生まれ。 東京工芸大学短期大学部写真技術科を卒業。 菅原廉緒氏に師事し、ホテルニューオオタニ写真室へ入社。 平成元年に青森県弘前市へ帰省し長谷川写真館へ入社、現在に至る。 選出の感想 2016年の代表に選出していただいたのに続いての選出を大変光栄に思います。 今回の選出作品も地元弘前の風景を切り取った作品で、和風庭園を使い婚礼のお客様に古風な和傘を持っていただいて撮った作品です。 紅葉の色合いを生かしながら照明にも拘った撮影でした。 この作品から「和」の心を感じ取ってもらえたらと願います。 WEBサイト http://www.hasegawa-ps.com

2018_HASEO

HASEO(はせお) 居住地 愛知県名古屋市 略歴 1972年生まれ。 2016年 PX3 2016 Professional Fine Art Gold 受賞。 2017年 TRIERENBERG SUPER CIRCUIT 2017 FineArt Gold 受賞。 2017年 女性を可愛く美しく撮るための究極メソッド (玄光社)。 2017年 闇王の写真絵本 (玄光社)。 2017年 個展「花と人展 Predators Of The City Ⅵ 世界を変える、美しい花の世界」 (リコーイメージングスクエア新宿)。 2017年 個展「Predators Of The City Ⅶ Beauty & Dark」 (オリンパスギャラリー大阪)。 選出の感想 昨年に続き2回目の選出となりました。 合成CGが全盛の今、あえて合成などをせずに、写真の本質で世界の頂点を目指したいと思います。 WEBサイト http://www.hasegawahaseo.com

2018_中川貴史

中川 貴史 (なかがわ たかふみ) 居住地 徳島県徳島市 略歴 1978年兵庫県生まれ。 1982年 徳島県へ。 2003年 studio SCENE  入社。 2008年 独立 個人ブランド GEMSMILE(ジェムスマイル)設立。 2009年 法人化し株式会社へ。 ウェディング映像を主にしながら企業VPやCMなども手掛けています。 映像・写真・デザインをトータルで制作できるマルチメディアデザイナーとして活動中。 選出の感想 初めての挑戦でまさか選ばれるとは思っていなかったので本当に驚いています。 今回は地元徳島県の風景を背景にオリエンタルなイメージを表現したいと思いました。 世界でどのように評価されるのか、日本代表として楽しみにしています。 WEBサイト https://www.facebook.com/takafumi.n.creation/

2018_寅外真知子

寅貝 真知子 (とらがい まちこ) 居住地 東京都杉並区 略歴 1980年大阪生まれ。 2002年 関西学院大学 文学部心理学科卒業、Panasonicで人事を経験後、写真専門学校に通い、アメリカの写真大学で短期研修修了証取得。 2006年 被写体の希望や感情など本来持っている魅力を引出し、デジタル技術による新しい視覚効果で表現するローレフォトを考案。 2007~2015年 NHKや読売テレビのドキュメンタリー特集、産経新聞他90回以上のメディア出演、新宿伊勢丹の美術展出展、パナソニックルミックスフォトスクール講師(~2016)。 2016年 国際フォトコンテストIPA、ポートレート部門など4部門でHonorble Mention。 2017年 国際フォトコンテストIPA、ファインアート部門など5部門でHonorble Mention。 選出の感想 選んでいただけたこと、心から嬉しく、今まで写真を続けてきて本当に良かったと思っています。 写真は私に時間や場所、重力を自由に行き来し、味わえる楽しみを教えてくれました。 私は沢山の人が生きてきて、今も生きている時間が感じられる東京が好きです。 でも、東京にはないものもあります。 ロストというシリーズを通じて、東京ではビルに遮られてなかなか見ることのできない夕陽や広い空、自然と融合した癒しの場所を作っています。 人は皆、今の自分にはないものを探しています。 でも、ないないと思っていたことが、視点を変えることで、ふいに見つかることがあります。 この作品を通じて、目の前に広がる景色を見えるままに受け取るのでなく、そこに流れた時間に想いを馳せたり、自分を束縛する日常の”あたりまえ”から解放され、次への希望を感じてもらえたら幸いです。 WEBサイト https://www.facebook.com/machiko.toragai

2018_谷上柚子

  谷上 柚子(たにがみ ゆず) 居住地 大阪府大阪市 略歴 1974年生まれ。 2013年より写真を始める。 2017年よりyuuZu(アーティスト名)としてコラボでの創作活動を開始し、海外審査制サイトを中心に活動中。 選出の感想 この度は、このような大きな大会にご選出してくださりありがとうございました。 知識も経験も浅い私を支えてくださった方がいたからこその結果と受け取っていますので 結果に恥じぬよう、今後もより一層精進していけたらと思っております。 WEBサイト https://yuuzuphoto.wixsite.com/yuuzu

2018_下宮伸一

下宮 伸一 (しもみや しんいち) 居住地 長野県駒ヶ根市 略歴 1972年生まれ。 2011年 ウェディングフォト・アワード プロフェッショナル部門 金賞受賞。 2014年 フジフィルム営業写真コンテスト 銀賞受賞。 2017年 フジフィルム営業写真コンテスト 銅賞受賞。 2013~2015、2017年 PPA International Photographic Competition ジェネラルコレクション受賞。 2017年 ワールドフォトグラフィックカップ日本代表ならび、世界9位入賞。 選出の感想 僭越ながら2018WPCに日本代表として2年連続で選抜頂き、出場いたします。 今年は、ウェディングとポートレイトの2部門にノミネートされまして、日本代表としてオーストラリアで戦います。 写真のオリンピックのようなこの大会は、個人競技ではある写真としてはもちろんですが、それ以上に国を背負っているという事です。 国を挙げての代表という事、そして、国が勝たなければ、(上位に行かなければ)という点。 昨年の表彰台での瞬間から、唇を噛みしめ、涙を抑え、悔しさで情熱を注いてきました。 日本代表として、必ずメダルを持って帰りたい。 そんな気持ちです。 WEBサイト http://simomi.com

2018_霜田一良

  霜田 一良 (しもだ かずよし) 居住地 埼玉県川越市 略歴 1949年生まれ。 1971年 Sydne di Craiker Studio(America N.Y.)にて写真を学ぶ。 2004年 韓国プロ写真家協会 国際プロセミナー 記念講演。 2005年 中華人民共和国 新彊探検撮影開始。 2008年 上海・西安区文化館にて「印象・新疆」写真展開催。 2008年 東京・富士フイルムフォトサロンにて「印象・新疆」写真展開催。 2009年 貴州省 貴陽にて「新疆・青海・四川」 写真展開催。 2011年 東京・富士フイルムフォトサロンにて「天 路」知られざる悠久の大地 写真展開催。 2015年 2016ワールド・フォトグラフィック・カップ 日本代表に選出。 2017年 上海にて南極風雲 写真展開催。 2017年 美瑛 景観・写真国際フォーラム2017 招待作家に選出。 選出の感想 私は、WPC2015に続き二度目の日本代表に選出されました。 今回は特に気に入ってる作品二点、ネチャー、レポルタージュ部門での選出ですので喜びも一入です。 世界大会ではどの様な結果が出るのか大変楽しみです。 引き続き探検旅行での一ページを作品にしていきたいと思います。 WEBサイト http://www.kilali.co.jp

2018_小関一成

小関 一成  (こせき かずあき) 居住地 山形県山形市 略歴 1977年生まれ。 山形にある写真館コセキ二代目として、ポートレート撮影をする傍ら、今を生きる山形で四季を「五感」で感じ風景を写し撮っております。 僕の写真が、見る人の心の琴線に届けば、それは嬉しいことです♪ 日本写真文化協会、日本写真館協会、山形県営業写真家協同組合、東北PGC等に所属。 全国展フォトコンテスト、東北六県営業写真コンテスト、山形県営業写真コンテスト等入賞。 2017年 National geographic Nature Photographer of the Year contest week10 editors’ favorite、National Geographic YourShot DailyDozen等受賞。 選出の感想 プロ業界唯一の国ごとに写真を競い合う写真のワールドカップであるWPCの日本代表として世界30ヶ国の写真家と競い合える事、大変名誉な事で気が引き締まる思いです。 私が住む山形県は、山々に囲まれ、夏は暑く冬は雪深い四季の変化が美しい場所で、世界に誇れる風景が数多くあると常々思いながら、山形の風景を写し撮っております。 WPC日本代表として、今を生き、愛する故郷「山形」の水辺の風景で選出されたこと、そして、山形の風景で世界の写真と競い合える事は嬉しくもあり、同時に楽しみでもあります。 WEBサイト https://www.facebook.com/kazuaki.Koseki.photography/